トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ヒーローズファンタジア限定版レポート

 遅くなりましたがヒーローズファンタジア限定版開封レポートです。なんか写真きれいに撮れていないですけれども、更新スピード優先します。ご勘弁を。
 ネタバレになるかもです。OKな方は続きを読む、からどうぞ!


ヒーローズファンタジア (限定版) リミテッドエディションヒーローズファンタジア (限定版) リミテッドエディション
(2012/01/19)
Sony PSP

商品詳細を見る


 *定価は9800円です。定価以上で売っているショップもあるのでご注意を。

■外箱

外箱

 どーんと!大きいです。ロゴと赤い模様は箔押しみたいに盛り上がっています。

箱裏

 裏面。こちらも一部文字とゲーム画面が箔押し風になっています。

箱オープン

 上にスライドさせてオープン!何度でも開閉しやすいですw中にPSPのパッケージが!こちらは一般のPSPソフトのサイズです。大きさ比較に。

■UMD

UMDパッケージ
 UMDパッケージも限定版特殊仕様。リミテットエディションって書いてあるだけでイラストとかは変わらないんですが。

中身

 中身。本編ディスクと特典ディスク、2枚のディスクが入っています。説明書も2種類。

■特典ディスクの内容
 本編のセーブデータと連動して参照できる内容が増えていきます。データ閲覧で本編で使えるアイテムがもらえることもあるみたい。ディスク立ち上げ後、システムデータを読み込みますが、そのあとに、「ロード」メニューからで参照したいセーブデータを再度選択する必要があります。ロードしないといつまでも項目が増えません(←しばらくそれに気付かなかった人)。

・フリーバトル
 本編のセーブデータを読み込み、本編ディスクで戦ったことがある敵と何度でも戦うことができます。バトルフィールド(背景)も変更可能。
 パーティメンバーはセーブデータ依存になるため、「自由な組み合わせ」という割には本編で制限が解除されないとスレイヤーズ4人等、同作品パーティは組めません。
 また、敵も複数のキャラでパーティ組めるのかな…と思ったのですがそんなことはなく…あくまで作中で登場した敵パーティに限定されるようです。
 なので、「フリー」というほど自由度は高くありません。このゲームでは特定の敵キャラを特定のパーティキャラ(例えばザナッファーをスレイヤーズキャラで倒す)と、専用のボイスが聴けるので、使いどころはそのボイスを確認する役割に限られるかもしれません。
 もちろん戦いたい時に自由に戦ってもいいんですけれども。

・フルボイスイベント
 オリジナルのフルボイスによるイベントシーンを見ることができます。この限定版のメインコンテンツ!
 主に本編の前日談が収録されています。スレイヤーズはいつもの世界からアドロアスに飛ばされてしまうまでのお話。時間軸はREVOLUTIONとEVOLUTION-Rの間くらいみたいですね。本当に短い、ストーリーというよりは状況説明といった感じのエピソードですが、4人の会話が聞けるのは嬉しい!
 ネタバレは下の方に書いておきますね。

・デジタルミュージアム
 本作の設定資料集が閲覧できます…が、オリジナル設定のみみたいで、スレイヤーズを始め、版権キャラのものはありません。残念…。
 とは言え、キャラクター・モンスター・武器のラブ画等の設定、世界観のイメージボードが収録されています。貴重な設定段階資料が見られるのはこの限定版だけ!

・サウンドミュージアム
 作中BGMが聞けます。サントラとかぶってますが、こちらはPlenty of gritのインスト版など、版権曲も収録されています。

■New Type ヒーローズファンタジアエディション

New Type

 箱の2段目には特製New Typeが!本物より二回りくらい小さいです。コンテンツは

・ヒーローズファンタジア世界観の紹介
 脚本担当の遠藤正二朗さんのコメント付き。

・塚中健介プロデューサー×遠藤正二朗チーフディレクター対談
 このゲーム、あまり中の人たちの声が聞こえてこないので…貴重な対談!企画はバンプレストの塚中さんが遠藤さんのところに持ち込んだところから始まったようです。参戦作品の選定は「クロスオーバーをさせて違和感のない作品を基準に選んだ。現実作品を舞台にした作品の集合とファンタジーを舞台にした作品の集合という形でそれぞれチョイスした」とのこと。
 個人的にはプレイした印象だと、まず現実世界のクロスオーバーを想定し、オリジナルでファンタジー世界を設定したので、そこに登場しても違和感のないキャラクターということでファンタジー系作品のキャラが参戦したのかな…とか思いました。
 「ご支援いただければ今後の展開も考えたい」とのことで、続編にも期待ですね。

・各作品紹介
 メインコンテンツ。各作品、4ページの割り振り。2ページは見開きでNew Typeに過去に掲載された描き下ろしイラストの再録、もう2ページはキャラクター・世界観の解説。知らない作品のことを知るのにちょうどいい感じかな、と思いました。逆に言うとおなじみ作品だと特にもの珍しい要素はないです。
 スレイヤーズREVOLUTIONの見開きイラストは公式サイトにも掲載されている宮田奈保美さん画のリナとガウリイの2ショットです。この絵好きなので嬉しいw

・その他
 angelaさんのインタビューとか、関連DVD、Blue-ray、書籍等の紹介があります。スレイヤーズすまっしゅ。5巻の紹介も。

■サントラCD

サントラ
 3段目に作中のBGMを収録したサントラCD。BGM担当は宮内信子さん。他にangelaさんの主題歌「THE LIGHTS OF HEROES」のオープニングサイズ、挿入歌「光を継ぐもの」(歌:桜川めぐさん)も収録されています。版権BGMは未収録です。
 ブックレットにはangelaさんの直筆メッセージもあります。

■おまけ

おまけ

 ソフトの中に挟み込まれていたスレイヤーズ文庫のチラシ。おおお!なんか嬉しい!富士見が…ちゃんとスレイヤーズを宣伝してくれている…!まだまだ小説も続くってこと…だよね?そうだよね!これは通常版にも入っていたかな?

 限定版はコレクターズアイテムという感じがしますが、個人的にはフルボイスイベントのためだけでも買ってよかったです!

---------------------------------------------------------------------------------------------------


スレイヤーズREVOLUTIONフルボイスイベントネタバレ

 赤法師レゾの魂が眠る壺を探すリナ達4人組。セイルーン王立図書館での調べものを終え、プライアム・シティの外れに住む魔道書のコレクターの元へ向かうことに。魔道アイテムについて記した魔道書を調査するのが目的だ。ガウリイは相変わらず状況がわからず、リナとゼルガディスにつっこまれる。ポコタは神聖樹の様子を見に行くと言って、光の剣レプリカをガウリイに託して別行動。ザナッファーの瘴気が神聖樹に吸収され始まるまでは目が離せないらしい。
 その時、謎の光が4人を襲い…気が付いたら見知らぬ洞窟にいた。アメリアは誘拐では?と勘繰るが、ガウリイとリナはその可能性を否定。とりあえず、洞窟の外に出ようとするが…謎の赤い霧が行く手を阻む。ゼルは赤い霧の周辺にの動物の死骸があることに気づき、危険性を指摘。風の呪文を纏って一気に駆け抜ける!


 …というところでおしまい。
 ああ、この先も見たかった…。ミニミニエピソードですが、ポコタがいない理由が語られたのはよかったです。リナさんボイス素敵…w
 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

はまりや

Author:はまりや
まだまだ行こう 終わりはしない
since 2006.2.14
はじめに
リンク・トラックバックはフリーですのでご自由にどうぞ。

【管理人別サイト】
名称未定2ごう(本家サイト)
名称未定2ごうぶろぐ
Twitter
スレイヤーズぺでぃあ
旧スレイヤーズNEWS
(管理用)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

セルフィ

リンク集

RSSフィード

ブログ内検索

楽天アフィリエイト