トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

超初心者によるパチンコ版「スレイヤーズREVOLUTION」試打ち@上野SANKYOレポート その3

 スレイヤーズパチンコ試打ちレポート第3弾!

超初心者によるパチンコ版「スレイヤーズREVOLUTION」試打ち@上野SANKYOレポート その1

超初心者によるパチンコ版「スレイヤーズREVOLUTION」試打ち@上野SANKYOレポート その2

 この続きからです。あたりが出た!そのあとから。

■スレイヤーズボーナス!

 とうとうあたりに入りました!ドバっと玉が出てきました。リナさんの「スレイヤーズボーナス♪」の声と共にボーナスステージに突入です。ここで「右打ちよ!」とアナウンスがあり…玉を打ちこむ場所が変わります

盤の説明


 すごくざっくりとした説明ですが図解。ほんとあくまでイメージなので攻略の参考にはしないでくださいね…。
 ええと、第1回目の「打ってみよう」レポを思い出しつつ聞いてください。まず、玉は、ハンドルを回すと左下から外周に沿って弧を描くように打ち出されます。めいいっぱい回すとそのまま弧を描いて右下に落ちます。
 通常時の「スタート」のゲートは赤い○で囲った場所です。ここに入れるためには、ハンドルを加減し、手前の場所…黄色い○で囲ったあたりで失速するようにして、玉が釘を伝って下に落ちるようにします。下部の魔法陣の天井部に小さな穴が開いていて、そこがスタートゲートです。

 ボーナスステージに入ると、「右打ち」に変わります。いれる場所は右下の青い○で囲った位置。「ドラグ・スレイブラッシュ」と書いてあるところですね。普段は閉まっているここが開くようになります。玉はめいいっぱいハンドルを回すと右下に落ちる…そう、ボーナスステージにでは逆に加減不要、ハンドルをめいいっぱいひねっていいのです!しかも穴が大きいから入りやすい。オレンジで狙いどころと書きましたが、ほぼハンドルを全開にひねるだけで入りました。これがパチンコ用語で言う「右打ち」です。
 緑の○が「フィーバーゲート」と呼ばれる場所で、ここもボーナスステージ中に時々開きます。開くときは「フィーバーゲートを狙ってね」とアナウンスがあります。ここに入れるとさらにボーナス、のような感じです。詳しくは把握してないのですが…。

 「スレイヤーズボーナス」中は、Plenty of gritが流れ、まずはキャラクターの紹介映像。リナさんは「胸の大きさだけには自信がない」と書かれていましたwがんばれwwそして、REVOLUTION1話からの簡単なストーリー紹介ムービーが見れます。1回のあたりで2話ずつ。このあとに出てきますが、「ドラグ・スレイブラッシュ」という通常より当たりやすいモードに突入すると、あたりが連続で出ることがあるので、連続した時は「ストーリを続きから見ますか?」と聞かれ、続きから見ることもできます。REVO終わったらEVOLUTION-Rのストーリー紹介へ続きます。今回初めてスレイヤーズに触れる人用の演出かな?
 曲もPlenty of grit(スレイヤーズREVOLUTION OP)Revolution(スレイヤーズREVOLUTION ED)、Front breaking(スレイヤーズEVOLUTION-R OP)がランダム?順番?でかかります。連続あたりが続くとGive a reason(スレイヤーズNEXT OP&EVOLUTION-R挿入歌)がかかるみたい!そこまでは行けなかった…。
 ちなみにEVOLUTION-Rエンディングの「砂時計」はないみたい。…砂時計かかったらたぶん(ヽ´ω`)この顔で帰るわ…いや、いい曲なんですよ!でもパチンコ屋でかける曲じゃないです…。

■超ロングST「ドラグ・スレイブラッシュ」

 あたり後、約60%の確率で「ドラグ・スレイブラッシュ」というモードに入れます。これはパチンコ用語で「ST」と呼ばれるモード。STは「スペシャルタイム」の略だそうで、通常よりも当たる確率が大きいモードなのだそうです。今回のスレイヤーズパチンコは、なんとこのSTが208回転も続くという超ロングST仕様…業界最長だそうです。ST中にさらに当たりが出ると、確率でSTに再突入し、208回転がリセットされて最初からスタートすることも。
 ST機はパチンコ好きの間でも賛否が分かれるようです。詳しくはよくわからないので割愛しますが、208回転という長さは挑戦的でかなりとんがったスペックの機種と言える…のだと思います。

 さて、先ほどの1回目のあたりのあと、実際に「ドラグ・スレイブラッシュ」に突入しました。ドラグ・スレイブラッシュ中もずっと右打ちです。

 ドラ・スレラッシュ中の演出は「ザナッファーとのバトル」という形になっています。「ザナッファー拘束中」と画面に出て、リナ達がザナッファーをフルボッコにする映像が流れます。うまく倒せるとあたり、となります。時々反撃してきたりもします。…このザナッファーバトル映像、同じような映像が延々と続きます…時々ちょっと分岐ルートのような形に入りますが、同じ映像のことが多いかなあ…。それが「超ロング」なのでひたすら長い…しかも当たると再突入=最初からです。あたり中は前項で挙げた「スレイヤーズボーナス」なので、アニメのストーリー紹介映像で…ぶっちゃけちょっと飽きます…すみません…。右打ちのため、玉のルートもあんまり真剣に調整しなくても大丈夫だし…。
 あ、でもPVでも使われている攻撃よけつつ回り込んで反撃!のところとかかっこいいし、リナの詠唱とか挿入されるとかっこいいです。仲間たちの反撃とかも!
 ちょっと前後しますが、あたり→スレイヤーズボーナスが終わると、リナが「ここからは本当の戦いよ!」と言って、再度ザナッファーバトルに戻ります。この時「プリペイドカードの抜き忘れにご注意ください」という画面が出ることが。これは、「あたりが終わったのでやめる」という人がいるそうで、カードを忘れないように出てくる表示なのだそうです。決して残高がなくなって打ち切りではないのです。勘違いしてたw
 さて、1時間くらいの試打ちでしたが、結局後半はずっとドラグ・スレイブラッシュ→スレイヤーズボーナス。8回ぐらい当たったかな。
 ただ、「飽きる」と言ってもさすが大当たりタイム。玉はどんどん出るので、玉の追加ボタンを押すことはなくなりました。10000発は間違いなく出てたような…?
 そして、そもそもホールで打つ場合はまずドラグ・スレイブラッシュに入ることが難しいので…入ったら「回収タイム!」という感じで別の高揚感があるかもしれません。今回はお金出して打ってませんし…玉の出とかについては初めてで何が何やら?という状態だったですし。
 あと、ドラグ・スレイブラッシュ中の演出、私は同じような映像ばかりを見てしまったのですが、今回見れなかった別の演出もあるみたいで、それを目指してやるのもいいかもですね。あたりが連続することで見られる演出とかもあるみたいです。

 と、あくまで「演出目当て」という特殊な楽しみ方をしているので、こんなレポになってしまいましたが、ST突入後、ものすごい当たってます。ST後の確率はホールの実機と同じだそうで、当たれば大きい、というのは伊達じゃない気がします。そのあたりは無理のない範囲でほどほどに…。
 
 時間かかるので、そこだけは注意かな…そろそろ終わろうかと思った時にST入ったら…長いのでなかなか帰れない(((( ;゚Д゚)))。

 あと、あたりやすいと言っても、もちろん当たらない場合もあるようで…その場合はザナッファーが逃げてしまい、追跡するモードに突入、逃がしてしまうと通常に戻ります。STの残り回数は常に画面に表示されています。

■BGMについて

 ここで今まで触れ忘れていた…通常モード時のBGMについて。本作、林原さんの歌う各種主題歌や、そのインストバージョンも流れますが…一部アニメ版のBGMのアレンジバージョンも使われているのです!これは嬉しい!主に通常のスロット回転時の演出となります。私が確認できたのは3曲。

1.リナ=インバースいざ出陣! 

 REVOLUTION~EVOLUTION-Rで冒頭の前回のあらすじ紹介で使われていた曲。(無印サントラ:スレイヤーズえとれせとら2収録)

2.次なる敵と次なる報酬

 スレイヤーズNEXTの冒頭の前回のあらすじ紹介で使われていた曲。(NEXTサントラ:スレイヤーズNEXT SOUND BIBLE Ⅰ収録。

3.魔王復活 (後半)

 無印の魔王戦、ガウリイがリナに光の剣を渡すシーンで使われた曲…未確認ですがサントラの解説より。(無印サントラ:スレイヤーズえとれせとら2収録)

 ひょっとしたら他にもあるかもしれませんね。曲を探しながら打つのも楽しそうです。

■試打ち編まとめ

 さて、実際の試打ち編は今回で終了です。1時間程だったので、まだまだ見れていない要素もたくさんあると思います。続きはホールで…!
 パチンコ初挑戦で思ったのは、第一声は手がしびれる…とこれはおいて置いて…wすごく高級な「ゲーム」なんだなあ、ということです。パチンコはギャンブルということもあって、世間一般であまりよくなイメージもありますが…安価で卓上型、みたいな形で売り出されていたら、抵抗なく「ゲーム」としてやる人多いんじゃないかな…?
 台は細部まで細かく作りこまれています。ネットの動画や写真ではわからないですけど、液晶画面に時々浮かび上がる魔法陣…あれ、液晶が2重になっていて、そこに写っているんです。映像に重ねて投影されているようなイメージ。すごくきれいです。
 打つのにお金がかかるものですし、諸事情でどうしてもホールに行けないという方もいらっしゃると思うので、「お気軽に…」と軽く言ってしまうことはできませんが、もしそういったものがクリアできそうであればぜひ実機を見てみると面白いかなあと思います。実機じゃなければわからない魅力もたくさんあります。先に触れた通り、演出メインで楽しむなら当たらなくても結構楽しいです。
 以前林原めぐみさんが、エヴァのパチンコを空いた時間に5000円だけ、と決めて打ちに行った…というお話をラジオでされていました。その時に「ペンペンとか、いろんなキャラがちょこちょこ動いていて、それだけで楽しかった。すぐに終わっちゃったけど」と言っていたのですが…その気持ちがすごくわかりました。
 さて…未経験の人だと最初の難関、「ホールに行けるかどうか…?」が気になるところだと思います。ホールについてはこのあとのレポートで少し触れますね。

 では、今回はこの辺で!次回はSANKYOさんの開発担当の方に色々と今作についてやパチンコについて、教えて頂く機会があったので、その辺をレポート致します。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

はまりや

Author:はまりや
まだまだ行こう 終わりはしない
since 2006.2.14
はじめに
リンク・トラックバックはフリーですのでご自由にどうぞ。

【管理人別サイト】
名称未定2ごう(本家サイト)
名称未定2ごうぶろぐ
Twitter
スレイヤーズぺでぃあ
旧スレイヤーズNEWS
(管理用)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

セルフィ

リンク集

RSSフィード

ブログ内検索

楽天アフィリエイト